子どもにアジスロマイシンも上手く飲ませるには

アジスロマイシンについては、多くの病院などで利用されています。それだけ安全や効果をしっていて、多くの患者に使っています。これからもやっぱり、利用されていくでしょう。

■ところが子どもに飲ませるのは
と入っても薬ですから、できれば大人も飲みたくないでしょう。我慢して飲むこともあるでしょう。ところが、子どもだと大人のようにすんなり飲んでくれないこともあります。

特に幼児にもなるとなおさら呑ませるのも大変です。またアジスロマイシンの成分の薬は種類によっては、苦味が強くなっているのもあって、より大変な場合もあるのです。

なお、飲ませるにはあたっては、量の制限があり、どんなの多くても、500mgまでです。大人だとさらに量は多くなりますが、子どもはそれ以上はできないのです。

また子どもが飲む適量としては、体重から算出されます。とあうのも、1kgにたいして、10mgとなっています。10kgならば、100mgが適量となります。

大人だと、販売されている錠剤をそのまま飲めばいいのですが、子どもに飲ませるときには、ピルカッターなどでカットしてあげなければなりません。それを症状にあわせて、適した回数を服用させなければなりません。

■子どもに飲ませるときの工夫
飲ませるに当たって、もしも苦味がある場合には、つきのような工夫をしていきましょう。たとえば、アイスクリームなどに混ぜてアジスロマイシンを飲むなんて方法があります。

■子どもに飲ませるときの工夫

あと、牛乳やコーヒー牛乳と混ぜて飲むことで苦味が和らぐこともあります。さらにメープルシロップと混ぜるといった方法もあります。

■もともとの薬自体も
このように飲み物や食べ物との組み合わせで工夫できるのですが、もともとの薬がカプセルや細粒であったりして、飲みやすくなっていると言えます。

ぜひ、子どもにも前向きに利用させていきましょう。